このコースは予約できません。

<11時の部>善兵衛桜の小さなスプーン&フォークづくり

樹齢300年の善兵衛桜の枝を使って、スプーン&フォークを自分で作るワークショップです。

  • すでに開始:4月10日
  • 3,000円
  • 道の駅明宝(磨墨の里)

サービス内容

1組3,000円 ※10組様限定(1組4名様まで参加可能。4名様でも3,000円です。) 【善兵衛桜】の枝を使って、自分で作る小さなスプーン&フォークです。今回のワークショップで使う材料は、2021年5月に折れてしまった樹齢300年のエドヒガンサクラ・善兵衛桜の太枝になります。あらかじめスプーンとフォークの形に切り抜かれた材をやすりで削るプログラムですので、お子さんも安心して参加できます。完成しましたら自分でつくったスプーンとフォークで春のスイーツをいただきましょう。召し上がっていただくスイーツは、道の駅明宝内にある人気洋菓子店【パティスリーフラン】のスイーツになります。 日にち:2022年4月10日(日) 場所:道の駅明宝 物産館南側ウッドデッキ前スペース 参加費:1組3,000円(税込)※1組4名まで 体験時間:1時間 11:00-12:00/14:00-15:00の2回開催します。(各5組×2回 計10組限定) 講師:Mondo Ikeno 《伐採されてしまう木や折れてしまった枝に新しい命を吹き込み、製品にしたり、体験にしたりすることで、モリとヒトのつながりを取り戻す活動をしています》 市の共同創業プログラム「郡上カンパニー」第1期メンバー。東京の美術大学建築学科卒業後、外資内装会社や設計事務所などで意匠設計を行っていたが、震災をきっかけに都会での暮らしに疑問を持ち、岐阜県立森林文化アカデミー に入学。木のものづくりを学ぶなか、地方における豊富な資源の魅力と、新しいものづくりのあり方に気づく。柿の古木や桜など身近にある木と明宝で獲れた鹿の革を組み合わせ、レーザーカッターなどの最新技術を駆使した商品開発を行う。 留意事項:ワークショップで作るスプーン、フォークは、1組複数名でも1セットとなりますが、ご希望があれば別途ご購入いただけます。スイーツも同様に1組1個になりますが、別途ご購入は可能です。(追加のスプーン&フォーク1本につき各1,000円 素材に限りがありご用意できない場合があります。追加のスイーツ価格検討中) ※このプログラムは地球環境基金の助成を受けています。 ※この料金の一部は、善兵衛桜を守る活動に活用されます。 ※料金は現地払いになります。 ※写真はイメージです。木は天然素材のため同じ柄はございません。

今後の予定

キャンセルポリシー

イベント3日前がご予約最終受付となります。キャンセルの場合は電話にてご連絡願います。

連絡先

  • 日本、岐阜県郡上市明宝大谷1015

    + 0575672395

    info@meiho-masters.co.jp