1/1

名馬・磨墨

SURUSUMI

するすみ

明宝のシンボル、伝説の名馬『磨墨』

道の駅明宝の真ん中に鎮座するのは名馬・磨墨(するすみ)と梶原源太景季(かじわらげんたかげすえ)の騎馬のブロンズ像です。歴史に名だたる宇治川の先陣争いに梶原源太景季が乗った磨墨は、古来明宝気良の産と語り伝えられています。今からおよそ八百年前、某家の牝馬が明宝気良の北方烏帽子岳の麓、巣河の地において天馬の種を宿し生まれたのが磨墨である。その名のとおり色あくまで黒く精悍な容姿であった。磨墨は、毎朝自分で厩栓棒を外し巣河に向かって走り、蘭とも蛍草とも言われる霊草を食み、大滝の奥の乳白色の霊泉を飲み、形質ともに類のない駿馬になった。
今に、磨墨のゆかりを誇る気良の田城・下倉の両家には古くから轡(くつわ/手綱 (たづな) をつけるため、馬の口にかませる金具)を伝えている。弥右ェ門という家には馬銜(轡の馬の口にくわえさせる部分)の幅が二十センチもあって馬の治療に霊感あらたかなものとされる巨大な轡なるものが伝わっている。
元来この地は、寒冷・高燥かつ石灰分に富む良質な草が得られ、幕藩時代からこの度の大戦頃まで、高名な馬の産地であり、また往時のいわゆる鎌倉街道筋と言われることからも何らかのかかわりがあって磨墨が源頼朝公の手に渡ったのであろうと言われている。その後は、梶原景季の馬として幾多の戦いに活躍し、最後は尾州羽黒(現在の犬山市)で没したと言われており、その英霊は梶原家の菩提寺興禅寺に手厚く祀られている。磨墨の産地である明宝ではその魂を英霊として祀り、幾多の顕彰活動が行われている。

磨墨の里・明宝

名馬磨墨像

道の駅明宝の真ん中に鎮座し、この地を訪れる人を迎えるのは明宝のシンボル、名馬磨墨のブロンズ像です。

NO IMAGE.jpg
​名馬磨墨 生誕の地公園

道の駅明宝から約15分、明宝の気良という地域の最奥に磨墨生誕地公園があります。この公園には磨墨生誕の地の石碑があり、現在でも毎年『磨墨生誕祭』の神事が行われ磨墨の英霊を祀っています。

春駒の石碑

道の駅明宝の敷地内南側(磨墨の里公園入口付近)に春駒の歌詞の石碑があります。郡上踊りの春駒という曲があるのですが、冒頭に『郡上は馬どこあの磨墨の名馬だしたも気良の里』という一節があります。ちなみにこの石碑の文字を書いた元・岐阜県知事・梶原拓氏は、磨墨に乗っていた梶原源太景季のご子孫とのことです。

磨墨太鼓保存会

昭和62年に設立された有志の太鼓団体です。小学生から大人まで総勢約30人ほどが在籍し、日々稽古をしています。毎年、お盆頃に道の駅で行われる『めいほう夏祭り』では、彼らの熱のこもった太鼓演奏が目玉となっています。

  • Facebook
  • White Instagram Icon